HADO 2018 CLIMAX SEASON閉幕

【野球愛の無駄遣い】正直、丸に巨人のユニフォーム姿は似合わないと思う

Photo by shi.k

持つ者に対する持たざる者の嫉妬だということはわかってるんだけど。

まーた巨人の欲しがり病だ。いや、広島のセ・リーグ3連覇に貢献した丸佳浩外野手なんて、どのチームだって欲しい。今の球界のトッププレーヤーの一人なんだから、そりゃそうだろう。でも、やっぱり、巨人が獲得に動くと聞くと、なんかいたたまれない気持ちになってしまうんだな。

だって、つい2年前に山口俊投手(元横浜DeNA)、森福允彦投手(元ソフトバンク)、陽岱鋼外野手(元日本ハム)とその年のFA市場の目玉を総取りしたばかり。しかも丸は陽と守備位置もかぶる。たいした活躍もしていないとはいえ、三顧の礼をもって迎え入れた2年後に同じポジションに同じくFAの大物を獲ろうとするところが実に巨人らしい。いわんや丸の末路をや、だ。

みんな全盛期に移籍してるはずなのに

なにより、巨人にFAで行っていいことなかった選手があまりにも多いのが一番気になる。FA移籍は、長きにわたってチームの主力を張ってきた選手に与えられる権利。ということは、行使できるのは一部の一流選手だけであり、年齢的にも脂の乗ったいい時期であることが多い。しかも本人が新たな活躍の場を求めてFAするのだから、すべてとはいかないまでも大部分の選手が移籍後にチームに貢献していてほしいもの……なのだが、残念な結果になった選手があまりにも多すぎやしないか

件の3人も、山口は移籍初年度はたった1勝、今年は活躍が目立ったときもあったが結局9勝。合わせても横浜ラストイヤーの11勝に届かない。森福なんて今年2試合しか登板がなかった。陽岱鋼も、打率2割5分前後、ホームラン10本前後というのは代わりにベンチとなった長野久義や亀井善行と何も変わらないではないか。

昨年FAで獲った野上も、2017年には西武で11勝を挙げたはずなのにわずか4勝に終わった。こうまで壊滅的というのはちょいとひどいと言わざるを得ない。成績不振や怪我の理由はそれぞれなのだろうが、どの選手もそのまま順調にキャリアを重ねていたらもっと凄い選手のままだったのに……と思うとなんか悔しくなってしまうのだ。

巨人がFAで獲得した選手一覧

というわけで、これまでFAで巨人に行った選手を挙げてみた。

  • 1994年
    落合博満
  • 1995年
    川口和久、広沢克己
  • 1996年
    河野博文
  • 1997年
    清原和博
  • 2000年
    工藤公康、江藤智
  • 2002年
    前田幸長
  • 2006年
    野口茂樹、豊田清
  • 2007年
    小笠原道大、門倉健
  • 2010年
    藤井秀悟
  • 2012年
    村田修一、杉内俊哉
  • 2014年
    大竹寛、片岡治大
  • 2015年
    相川亮二、金城龍彦
  • 2016年
    脇谷亮太
  • 2017年
    森福允彦、山口俊、陽岱鋼
  • 2018年
    野上亮磨

そうそうたる顔ぶれだが、やはり「こんなはずじゃなかった」という声が聞こえてきそうな選手もちらほら。落合、工藤、清原、小笠原、村田らへんは期待通りの活躍をした印象があるが、やはり野口や藤井など移籍後にもうひと花を咲かせられなかった感がある選手も多い。

個人的に一番悔しいのは片岡だ。西武で、松井稼頭央の背番号7を継いだ男。守備は一級品、最多安打を獲得したこともある上、二桁ホームランも打てる。そしてなにより、3年連続50盗塁以上を記録した走力。西武でも後半は怪我に悩まされていたとはいえ、30歳というまだまだ老け込む年齢ではないときでの移籍だっただけに、「もっとスーパーな選手だったはずなのに」という思いは強い。結局、特にインパクトも残さないまま3年で引退してしまった。まあ、でも、巨人に行ったおかげでベッキーと知り合えて付き合ってるのだから、本人的には大成功だったのかもしれないけども。

丸も、移籍後も走攻守でハイレベルなプレーを見せてくれるならそれでいいんです。どうせ巨人じゃなくても広島なんだし。横浜じゃないんだし。ただ、このまま行けば間違いなく歴史に残る選手になるはずなので、年俸や引退後の厚遇ではなく、プレーの環境で選んでほしいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です