HADO 2018 CLIMAX SEASON閉幕

【プ女子の観戦日記】女子プロレス団体・スターダムを初観戦したよ。中野たむちゃん可愛いよ。

物販にて。中野たむちゃんと、足の長いパンダ

アイドル女子プロレスラー・中野たむちゃんに会いたくて……。

ドルヲタが高じて女子プロレスに流れ着いた自分。東京女子プロレスをせっせと観戦していましたが、ひとつの現場に慣れてくると、また他の現場も気になってくるのがドルヲタの性。そういえば、中野たむちゃんという可愛い子がいたな……。

こうして11月10日、東京・新木場1stRINGにてスターダムの試合を初観戦するに至ったのでした。

WWE入団を果たした選手も!

スターダムは、元祖グラドルレスラーの愛川ゆず季が所属していたことでも有名な団体で、数ある女子プロレス団体の中でも芸能要素が強いところだとは伝え聞く。とはいえ、宝城カイリや紫雷イオなど同団体からWWE入団を果たした選手が複数存在することを考えると、けっして「可愛ければOK」的な団体ではないのでしょう。一体どんなものなのか……。

正直なところ、女子プロレスというジャンルに興味を持ちながらも「女子プロレス=基本的にはエロ目線で見られるもの」という偏見がゼロだったわけでもない。

これまでセンダイガールズプロレスリングや東京女子プロレスを観戦してきて、「女子プロレスとは必ずしもお色気路線なわけではない」と理解していたはずなのですが、どうしても「とはいえ世の中にはエロ要素の強い女子プロレス団体も存在するのだろう……アイドルは好きだけど、エロ系の会場に行くのはちょっと嫌かもしれない……」という不安がぬぐえずにいたのも事実。

なので、スターダムの会場は、普段観戦している東京女子プロレスよりも男性客の割合が多く見えて多少怯えていた……。

しかし、試合中に不自然なエロ展開が起きるようなことは一切なく。セクシーなコスチュームを着た選手はいるものの、だからといって試合中に無意味に体を強調するわけでもなく、自分は偏見クソ野郎だったのだと猛省しました。

鹿島沙希&岩谷麻優タッグの華がエグい

入場時の中野たむちゃん

スターダムの選手は華がすさまじいですね。顔が小さくて手足の長いスラッとした選手が多く、「この子はエース候補じゃない!?」と大はしゃぎで写真を撮っていたら、次の試合でまたスラッとした人が出てくるので、あたかも華やかの回転寿司。

だって羽南さんなんてアイドル並じゃないですか! しかもまだ14歳らしく、このまますくすく育っていただきたい……。また、ビッグダディの三女として有名な林下詩美さんもオーラがあり、未来のエース候補と期待されているのも納得です。あと渡辺桃さんもジャングル叫女さんも可憐……みなさん可憐……。

これは推しを決めるのに苦労するわとホクホクしていましたが、メインイベントに出場した鹿島沙希・岩谷麻優組の華がエグすぎる。これだけシュッとした選手がそろっている中で、それでもリングに上がった瞬間に「この人たちがエースだ」と思わせる説得力。それぞれピンクと青のコスチュームを着ていて、プリキュアか何かかと思いました。

選手が可愛いだけでなく、試合も見応えがある。場外戦ではイスに強くぶつけていくし、こんなに激しい戦いを繰り広げるものなのか。初観戦ということで今回は「これがスターダムか~」というのを味わうだけで精一杯でしたが、さらに楽しむためにもっとじっくり選手のプロフィールや関係性、得意技などを学んでいきたい……。とりあえず林下詩美とジャングル叫女はライバル関係ということを覚えた……。

「たまには他現場もチェックするか」という気持ちだったはずが、次回大会のチケットもさっそく買ってしまった。チョロいオタク(私)。

でっかいチェキに感じる異文化

微妙に驚いたこととして、スターダムでは、物販のチェキのサイズがでかい。

ほとんどのアイドル現場や東京女子プロレスで採用されているのは、手のひらサイズのチェキですが、スターダムだといわゆる「デカチェキ」の大きさです。

そういえば、東京女子プロレスの代表を務める甲田哲也氏に取材した

「5年くらい前の女子プロレスだと、撮影会ってポラロイドカメラを使っていたんですよ。でもアイドルって、みんなチェキを使いますよね。小さいところにメッセージをぎっしり書き込むのがいいなと、東京女子でもチェキを使うようになりました。ポラだと大きすぎて、ちょっと味がないんですよね。」

と語っていました。東京女子プロレスはアイドル文化に近いから、あえて小さいチェキを採用しているだけで、ほとんどの女子プロレス団体では今もデカチェキが主流なのだろうか。まぁ代表自身がドルヲタという東京女子プロレスが特殊なのでしょう!

ただ、スターダムに対して、これはちょっとドルヲタ心を汲んでくれたら嬉しいと感じた部分がひとつ……! 気になったのは、物販のチェキ撮影時にコスチュームからジャージ姿に着替えている選手もいるところ。やはりドルヲタ的には、チェキ撮影中は「さっきまでステージ/リングでキラキラしていた方がツーショットを撮ってくださる」という気持ちを堪能したい。試合後はジャージに着替えたほうがセコンドなどで動きやすいという理屈はわかるのですが、チェキ券を買う段階でどっちかわかると嬉しいなぁ。ジャージ姿も可愛いんですけどね。

今なら古参になれるスターダム★アイドルズ

ところでスターダムでの初チェキは、中野たむちゃんと撮影しました。かつてカタモミ女子というリフレ店を拠点としたアイドルグループに所属していただけあって、会話を途切れさせない技術がすごい。どうも物販客1人あたりの接触タイムが長いっぽいと気づいたとき、「ヤバい。何話そう……」と結構ドキドキしたのですが、まったくの杞憂に終わりました。たむちゃん可愛い!

11月10日は新人選手との試合で、本人も「今日は私が幼稚園の先生みたいな試合だったけど~」と言っていましたが、逆にデビュー1年半程度で幼稚園の先生役ができているほうが立派じゃないですか?

ちなみに、たむちゃんがGMを務めるアイドルプロレスユニット・スターダム★アイドルズが12月2日に旗揚げされるそう。そして、旗揚げに先立ち、11月23日に行われるスターダムの東京・後楽園ホール大会でデビュー曲のお披露目があるとか。ヒャダインが楽曲提供、ラッキィ池田が振り付けを担当しており、異常に豪華。

アイドル×プロレスって、私のためにあるようなプロジェクトじゃん……。とりあえず今なら古参になれるぞ!

あっ、スターダム★アイドルズだと、中国出身のShinShinちゃん(@shinshin_1218)が気になっています!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です