いとわズHADO部、サマーシーズンビギナーズカップ#7で準優勝!

【野球愛の無駄遣い】横浜DeNAの神里と京山がヤバすぎる

画像は神里和毅Twitterより

いよいよ2018年シーズンが始まった。ラミレス監督就任1年目の一昨年に球団初となるCS進出、2年目の昨年は日本シリーズ進出と毎年壁を乗り越えている横浜DeNAの今季にはもう期待しかない。

この記事にも書いたが、横浜は毎年のように若手が、それも1、2年目の選手が頭角を現している。

今年もドラフト1位の東を筆頭にフレッシュな力に期待してしまうが、開幕3連戦を終えた時点で早くも今季のブレイク候補が活躍を見せた。それがドラフト2位ルーキーの神里和毅外野手と、初出場を果たしたプロ2年目の19歳京山将弥投手だ。

神里が糸井で…

神里は、梶谷が出遅れている外野陣の救世主になりそうな気配。守備では俊足・強肩、バッティングもシュアで、盗塁の技術も高い。スケールの大きさを感じさせ、阪神の糸井みたいに育って欲しい選手だ。

3試合で早くも2塁打2本に盗塁も決めた。調子が上がらない不動の1番・桑原に代わり1番も打っている。調子いかんにかかわらず神里が桑原を脅かすような存在になったら、桑原と二人で「石井&波留」のような最強の1・2番コンビ結成も夢ではない。

それにしても、梶谷がいなくても、この神里に加え乙坂もいるし昨年最後の最後に大器の片鱗を見せた細川もいるなんて、外野手の層が厚くなったもんだなあ。

京山が西口

昨季11勝の今永、10勝の浜口、同じく10勝のウィーランドと昨年のチームを支えた先発投手3人がケガで大変なことになっている投手陣を救ってくれそうなのが、2年目の京山だ。

昨年ファームで活躍し、今年は春からえらい目立っていたようで、Sportivaでも「各球団スカウトが『獲り逃した』と悔しがっている」なんて最大級の賛辞を贈られていた。で、開幕1軍入りを果たすと3試合目にプロ初先発。初登板で勝利を挙げる最高のデビューを飾った。

左腕王国の横浜DeNAにあって貴重な長身右腕。細身の体から放たれるキレの鋭いボールは、西口文也や岩隈久志を彷彿させる。ちょっとこれは面白いですよ。明らかにボールはいいので、今年はかなりやってくれるんじゃなかろうか。

京山に加え、もちろんドラ1の東も期待の新人筆頭。オープン戦を見る限り、ローテーションを守って二桁勝つのはもう確定だ。こうしてみると、今年も若手がレギュラーに食い込んでくるのは間違いない。

前述の通り、今は昨年の10勝トリオが不在。また、開幕戦では今季の目玉だった「ショート大和・セカンド倉本」がメタメタに崩壊しこれ以上ないくらい出鼻をくじかれた。チーム状況的には、ホントに今が最悪だ。とういうことは、これからは上がる一方。若手が活躍し、ケガ人が帰ってきて、チーム全体の歯車が噛み合ってきたら……なんて考えるともう、楽しみしかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です