HADO 2018 CLIMAX SEASONの戦いがスタート!

ドルヲタ少女・ミウ、プロレスラーになる【アップアップガールズ(プロレス)連続インタビュー①】

「歌って、踊って、闘える」最強のアイドルを目指す異色のグループ、アップアップガールズ(プロレス)のピンク担当・ミウは、グループきってのパワーファイター。若手女子プロレスラーとして期待を寄せられている彼女だが、もともとプロレスについては何も知らない状態でのアプガプロレス入りだった。

アプガプロレスは、8月25日に東京・後楽園ホールにて開催される東京女子プロレスの大会で、今年1月のデビュー試合と同じ、ミウ&ヒナノ対ヒカリ&ラクのカードで試合を行うことが決定した。リングデビューからの約8カ月間、ミウはどんな思いで戦ってきたのか–。

「自分なんかがアイドルになれるもんじゃない」

180824 harada 02

ミウさんは、大のアイドル好きであることを公言しています。アイドル好きだからこそ、自分もアイドルを目指すようになったんですか?

いや、最初は「自分なんかがアイドルになれるもんじゃない」と思っていたんですよ。でも「ポジティブな2軍」をコンセプトにしている乙女新党っていうグループがいたんです。2軍だからこそ応援してもらえる形があるなら、私も頑張ってみようと夢を見るようになりました。

ミウさんはアイドル好きではあったものの、プロレスについてはなにひとつ知らない状態でのアプガプロレス入りでした。プロレスをすることに不安はなかったんですか?

オーディションに申し込んだ当時、私は高校3年生の1学期だったんですけど、テストで赤点とって就活ができなかったんです。それで、『もうダメだ。未来がない』って絶望していたときに見つけたのが、アプガプロレスの募集でした。“プロレス”って付いてるけど、ずっと夢だったアイドルになれるチャンスだから申し込んでみようと飛び込みました。もう精神的にいっぱいいっぱいのタイミングだったので(笑)

なにがきっかけになるかわかりませんね……。周りから「プロレスなんて危ない」と止められませんでしたか?

親にすごく止められました。アイドルに憧れていること自体は理解してくれていたんですが、お父さんもお母さんもプロレス好きではなかったし……。それこそオーディションに合格して事務所と契約する前日、夜中の3時くらいまで『考え直して』と説得されました(笑)。今はAbemaTVで試合を見たりして、普通に応援してくれているんですけどね。

練習生の期間中、辞めることも考えた

180824 harada 03

アプガプロレスのメンバーの中で、第一印象が一番強烈だった人は誰ですか?

ヒカリちゃん(笑)。ピアスの数がすっごく多いし、服の色からもう周りと全然違うんですよ。集合場所に集まった瞬間に『あっ、この子だけ何か違う……』って思いました。とんでもなかった!(笑)

アプガプロレスは、試合デビューするまでは東京女子プロレスの中でもあくまで“練習生”という扱いで会場設営などの雑用も担当していました。「なんで私はイスを運んでいるんだろう?」みたいに正直くじける瞬間はなかったんでしょうか?

練習生の期間は、本当に辞めようか考えたときもありました。「アイドル目指しているのに、なんで筋トレしてるんだっけ?」って。汗ビショビショで、体には砂みたいなホコリみたいなのがくっついてるし……。今からでも普通のアイドルを目指そうかと悩みました。でも、ここで辞めたくないなって。だって、どんなアイドルでもドキュメンタリーを見ると、辞めたい瞬間っていうのがあるんですよ。だから、「このつらい気持ちは、大好きなアイドルたちも感じた気持ちなんだ!」と思って頑張りました。

ミウさんはメンバー最年少で、今年3月に高校を卒業したばかりですよね。アイドル、プロレス、高校生活の3足のわらじはかなり大変だったらしいですが……。

とにかく睡眠時間がちょっとしかありませんでした。家が遠いから、帰ると夜12時回るんですよ。それから寝る準備をしないといけないし、テスト期間が一番しんどかったなぁ……。学校行って3時間目くらいになると、アイドルさんやプロレスラーさんが「おはよう」ツイートをしはじめるんですが、それを見て、『私ももう少し寝たいな……』と思っていました。

大変な生活をやりきったのがすごい。根性がありますね……!

中学のソフトボール部の顧問の先生がすごく厳しくて、定期的に怒る人だったんですよ。一度怒ると、バットを地面に投げ捨てて職員室に帰っちゃう。そうなったら、私たちの中学の伝統として、みんなで反省の草むしりをしないといけませんでした。どんなに寒くても上着をはおらず、熱くても涼まず、何時間も草むしりを……。最長で3時間だったかな? そういうので根性が育ったんだと思います。

アイドルとプロレスは、“完成形じゃないところ”が共通点

今年1月4日に開催された東京女子プロレスの後楽園ホール大会でリングデビューを果たしました。どんな気持ちでリングに上がりましたか?

アイドルとしてのステージはイメージできても、プロレスの試合って実際どんな感じになるのかわからなくて、そこがすごく不安で……。あとプロレスを見に来たお客さんにアイドルだからって舐められたくはないと思っていました。でも東京女子のファンの方ってすごく優しいので、とくに厳しい声もなく、温かい目で見ていただけてありがたいです。……私たちがデビュー試合をした1月4日の後楽園ホール大会、メインの試合がすごく印象的でした。

才木玲佳選手と山下実優選手のシングルマッチですね。

勝ったら最後にマイクをするじゃないですか。「自分が勝ったぞ!」って勝ち誇った顔をしているんだけど、その勝った人だって、数分前まではボコボコにやられているんですよ。なんか、それって深いなー……って。前のめりになって試合を見ていました。

ミウさんとしては今、プロレスのどんなところに楽しさを感じているんですか?

アイドルとプロレスって、たぶん“完成形じゃないところ”が同じなんです。他のアーティストさんだと完成した状態でテレビや舞台に出るんですが、逆にアイドルは、未完成なところから成長していく姿が魅力的な人がたくさんいます。それはプロレスも同じで、デビュー試合からだんだん強くなっていく姿を見るのが楽しいんじゃないでしょうか。だから私もファンの方に成長を見せていけたらいいなと思います。

憧れの「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」出演

アプガプロレスの中でも、ヒカリさんとミウさんはシングルマッチで何度かぶつかっていますし、ヒカリさんも「ライバルはミウ」と公言しています。ミウさんとしても、ヒカリさんは意識する存在ですか?

私も一番のライバルだとは思っています。でも、だからこそ応援したい気持ちも強いんですよね。夏に「東京プリンセスカップ」トーナメントが行われたとき、私とヒカリちゃんが“Take a chance枠”として初出場をかけて戦って、ヒカリちゃんが勝って出場権を獲得しました。だからこそ私はヒカリちゃんの試合では一番声出して一番応援したくてセコンドにつきました。ライバルだけど一番近くで応援したい相手でもあるっていうのは、ヒカリちゃんだけでなくて、アプガプロレスのメンバー全員に対して感じる気持ちです。

ミウさんは過去にインタビューで、「他のアプガプロレスのメンバーのセコンドにつくときは複雑な感情」ということを発言しています。

メンバー同士で戦うこともあるし、プロレスは勝ち負けがはっきり出るので、同じグループであってもお互いライバル心が強いかもしれません。それに相手の成長が一番わかる立場でもあるので、セコンドとしてメンバーの試合を見ているときは、「自分は何をやっているだろう」じゃないけど、「私は第1試合だったのにメインでいいなあ」という気持ちになったりします。もっと自分も頑張らなくちゃって。

今、ミウさんとして自分の課題はどこにあると考えていますか?

私はデビュー試合で勝つことができたんですけど、そのぶんお客さんに“伸びしろ”が伝わりづらくなってしまった部分があるんじゃないかと思っています。だから上手く成長を見せていけたらいいなということと、あとは先輩に早く勝てるようになりたい! いつかはベルトに関われる選手になりたいです。私のパワーや体格はプロレスラーとして強みだと思うんですが、そのぶん脂肪分も多いので……。もっと筋肉をつけて、才木玲佳さんみたいな体を目指したいです。

ミウさんって、デビューしたてのころは結構「細くなりたい、痩せたい」ということをツイートしていましたよね。最近あまり言わなくなったのは、吹っ切れたということでしょうか?

細くなりたい気持ちは、今も心のどこかに強くあるんですよ。でも今の私は、筋肉をつけることで認めてもらえますし、アプガプロレスに入ったことで、憧れの「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」にも出られましたから! いろんなアイドルがいますが、筋肉つけてるのは私たちだけですからね(笑)。前に候補生をしていたグループは、みんな細くて可愛くて、いかにもアイドルって感じの子たちばかりだったんですよ。だけどアプガプロレスって、アイドルでも筋肉を求められるじゃないですか。「ずっとコンプレックスだった筋肉質な体型が、ここでは活かせるんだ」って、今はちょっと胸を張ることができるようになりました。

ミウ
1999年10月19日生まれ、埼玉県出身。身長159cm。得意技はカナディアンバックブリーカーの、アップアップガールズ(プロレス)きってのパワーファイター。アイドル好きで、 “神推し”はHKT48・指原莉乃。
東京女子プロレスは、8月25日(土)18時より東京・後楽園ホール大会を開催。チケット情報などは公式サイトをチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です