HADO 2018 CLIMAX SEASONの戦いがスタート!

40年の時を経て復刻した少女漫画「まごころ」の優しく主人公を導く美人のおねえさん【HEW電子コミック紹介】

いとわズを運営するHEWが配信する電子書籍に登場する名キャラクターを電子書籍、コミック担当浅野が淡々と紹介。

全部は紹介しませんよ? 紹介するのはほんの少し。淡々と淡々と。

今回紹介するのは、約40年ぶりに電子書籍として復刻された横山まさみちの描く少女漫画『まごころ』(HEW少女漫画シリーズ)から。

本作は、主人公の一条美香がいろいろ出来事のなかで感じた「まごころ」をテーマに描かれた作品。全10話のエピソードで綴られたハートフルストーリー。

その主人公を優しく導いてくれる美人のおねえさん〝ますみ〟おねえさんをご紹介。

美人で優しくて、さらに頭も良い!まさにパーフェクト!!


ますみおねえさんは、花の女子大生で専攻は児童心理学と、まさに本作の影の進行役。

小学生の主人公・美香に降りかかる問題を解決まで優しく導くために存在するといっても過言ではない、才色兼備のパーフェクト超人のような存在です。

もちろん、見目麗しく女子大生ながら、大きなリボンが似合う大人の女と、可愛らしい少女性も持ち合わせているんです。

唯一残念なのはカラーで描かれているページないということ。

ますみおねえさんのカラー姿は想像力で補う以外にありません。

意外と惚れっぽい性格なのか?

「まごころ」をテーマとする本作ですが、一風変わったエピソードも収録されています。それが第九章の「白衣の恐怖」です。

この章では急病になった「ますみおねえさん」が入院する病院を舞台に殺人事件が発生し、美香たちが巻き込まれてしまう——という内容になっています。単なる少女漫画とは一線を画す横山まさみちの少女シリーズならではといったところ。

さて、話の冒頭にますみおねえさんは倒れてしまうのですが、それを助けるのがイケメンの二村(ふたむら)青年。

どうやら助けてくれた感謝からか、タイプだったのか、ますみおねえさんは嬉しそうに二村青年を見つめるシーンがあるのです。

おねえさんと二村青年が共演するコマはわずか2コマ……。

案外惚れっぽい性格の持ち主のようです。

『まごころ』

横山まさみち、横山プロ、松尾啓子
昭和43年8月〜昭和44年5月に渡って『リボン』(集英社)にて連載された横山まさみちの描く少女漫画「まごころ」。主人公は小学五年生の一条美香。本作は彼女を忠臣としたいろいろ出来事のなかで感じた「まごころ」がテーマで、全10話。
ある日、美香のクラスに転校生・良子がやってきた。
しかし、体育の授業が終わり、ある生徒の財布から現金5千円が盗まれるという事件が起こる。

容疑は、授業前に教室へ戻った良子に向けられる。美香は、良子を信じ、彼女をかばうのだが…。
「第一章 友情の小ばこ」より。

第一章 友情の小ばこ
第二章 いじっぱり
第三章 灰色の千羽づる
第四章 母と子の詩
第五章 人形のなみだ
第六章 オルゴールの川
第七章 青いガラス玉
第八章 あなたのことば
第九章 白衣の恐怖
最終話 ともだち
の全10話を収録

近年の過激な内容の漫画とは一線を画す、少女漫画の黄金期を担った巨匠・横山まさみちが描く、友情と感動の名作少女漫画。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です