HADO 2018 CLIMAX SEASONの戦いがスタート!

【3分で読める】 5月15日のTVからこぼれた話

15日の芸能界、引き続きガリガリガリクソン飲酒運転に関する話題や、神田沙也加と村田充の結婚式についてなど、特に新しい話題もなく退屈な週明けとなりました。

ガリクソンと同席していた「門楼まりりん」とかいうほぼ無名のタレントが槍玉にあがり、「バイキング」で坂上忍らに不快感あらわに批判されまくってしまったのも、退屈のなせるワザでしょう。

朋ちゃんとアミーゴのツーショットに邪推する

そんな中で、ちょっと胸がざわつく場面が見られたのが日本テレビ系「PON!」。

今年1月に第1子男児を出産した“あみ〜ゴ”こと歌手の鈴木亜美がゲスト出演したのですが、この日のレギュラーには華原朋美が! 小室ファミリーの先輩と後輩が揃い踏みとなりました。

なかなか珍しいツーショットですが、華原いわく共演は「多分、初めてですよ」とのこと。お互いに笑顔なんですが、なんとなく取ってつけたようなその笑顔が逆に怖い……。

鈴木は「(華原のほうが)めちゃくちゃ先輩です」と、華原を立てようとしたのでしょうけど、テレビを観ているこちらには「めちゃくちゃ歳上です」と自動変換されて勝手にヒヤヒヤ

一方の華原も「(鈴木は)当時、制服着てましたからね。かわいいかった。またTKが好きそうな女の子が来た、と…」と、何やらいろいろ当時の裏側を勘ぐりたくなってしまうような一言。

司会のビビる大木から「やめなさい、もう」とたしなめられていました。

そんな2人の雰囲気に、ハライチの澤部佑は「仲は悪いんスか?」と直球質問。

鈴木は「なんで仲悪いように持っていくんですか」と笑って受け流していましたが、結局2人ともしっかり否定はせず。華原は「正直、会話はあまりしたことない」とテレビ的なリップサービスで笑いを誘いましたが……。

表向きは2人とも終始和やかなんですが、ひょっとして当時は小室サンをめぐって一悶着あったのかなぁ、なんて邪推したくなる一幕でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です