HADO 2019 SPRING SEASON開幕!

ボツった理由は大人の事情【FILE10:宇野常寛スッキリ降板】

新聞やサイトなど、どんなメディアにもそれぞれポリシーやしがらみがある。

私たちは日々、そんなメディアの色を斟酌して原稿を書いているが……ときには渾身の原稿がメディアの都合でやむなく掲載されないことも。

そんな、日の目を見なかった原稿を成仏させるべく掲載するのがこのコーナー。

実際に入稿したものの、“大人の事情”で掲載されなかった記事をアップします。

どの部分が(そのメディア的に)マズかったのか、勘繰ってみてください。

事実上クビ宣告? 局側との確執が見え隠れ

 日本テレビ系「スッキリ!!」のコメンテーターを務める評論家の宇野常寛氏(38)が、同番組を降板することが決まったと報告。その理由を明かした。
 宇野氏は自身のYouTube生配信番組「木曜解放区」の31日放送で、「スッキリ!!」のリニューアルにともない9月いっぱいで降板することが決まったと報告。しかし「僕は事実上のクビだと解釈しています」とし、番組の上層部との関係が悪化していたと理由を明かした。

 事の発端は、「僕のアパホテル批判です。アパホテルの南京大虐殺否定論を歴史修正主義として僕が批判した1月19日の放送がきっかけです。その結果、日本テレビに2回ほど、右翼団体の街宣車が来て大問題になりました」と宇野氏。このことで番組プロデユーサーから右翼批判をしないようにと要求されたが、宇野氏は拒否したという。「テレビ局が街宣車にビビってコメンテーターの発言を規制するなんてことは、絶対に報道機関としてあってはならない」と主張。しかしその結果、同プロデューサーが激怒する事態となったと説明した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です