HADO 2018 CLIMAX SEASONの戦いがスタート!

【5分で復習】 8月18日のTVからこぼれた話

「ささやき女将」が話題になった高級料亭「船場吉兆」の食品偽装疑惑騒動から早10年。今あの女将はどうしているのか……と気にしている人がいるのかいないのかわかりませんが、ついに明らかになりましたよーっ!

18日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」では、これまでに話題となった謝罪・釈明会見の名珍場面を特集。その1つとして船場吉兆の謝罪会見も紹介されました。

この会見が今も語り草となっているのは、なんといっても社長(当時)の湯木佐知子さんと、その長男の湯木喜久郎氏とのやり取りの面白さ。記者からの質問にシドロモドロの喜久郎氏に、佐知子さんが横から「頭が真っ白になった(と言いなさい)」などと“ささやきアドバイス”を送り、その通りに喜久郎氏が返答するというものでした。

結局、船場吉兆は廃業に追いやられ、佐知子さんは8億円の負債を抱えて自己破産を余儀なくされたのだそう。その佐知子さんは今どうしているのか……。

番組では船場吉兆の取締役だった次男に取材したところ、佐知子さんは現在80歳で、自己破産後は夫婦で年金生活を送っており、今でも当時の従業員とは定期的に食事会をするなど幸せに暮らしているのだそう。そして喜久郎氏は料理界から引退したそうですが、次男が船場吉兆の料理人たちと大阪に店をオープンし、その味を受け継いているんだそうです。

ささやき女将、情報番組のコメンテーターとかで出演してくれないかなぁ……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です