HADO 2018 CLIMAX SEASONの戦いがスタート!

【5分で読める】 5月30日のTVからこぼれた話

安藤優子キャスターが、出演者たちからのイジりにイラッとしてフリーアナウンサーの高橋真麻の表情が一瞬にして硬直……。

30日放送のフジテレビ系「バイキング」から「直撃LIVE グッディ!」へのリレートークで、そんなヒヤヒヤする一幕がありました。

「グッディ」の安藤キャスターと高橋克実といえば、タッグを組んで早2年。

カッツミーのトボけた言動に、安藤キャスターが冷ややかな視線を送ったり嫌味を言ったりする場面は良く見られますが、それも2人の仲が良い証拠……とは思いつつも、やはりたまには観ているこちらが心配になるほど、ヒヤッとする場面も。

特にリレートークでは坂上忍も加わるので、安藤キャスターがイジられることもしばしば。安藤キャスターもそれを楽しんでいる様子なのですが、本日は……。

安藤キャスターの笑顔に張りつめたものを感じた30日

各地で真夏日となった天気を伝えた安藤キャスター。30度を超える真夏日が増加している昨今だけに、「28度だと『まあいいか』と感じることが増えた」なんて軽くコメントしたのですが、そこにカッツミーが「毛穴が閉じ始めてるんじゃないですか?」と強烈な“年齢”イジり。

イケマセン。女性にこれはイケマセン。

特に安藤キャスターにはイケマセン。なにせ安藤さんはゲスト出演した斎藤工や相葉雅紀にメロメロになるほどイケメン大好きな“女”なんですから……。

そんなカッツミーのイジりに出演者たちは一斉に笑い出してしまうわけですが、これがまたイケマセン。

ちょっとムッとした安藤キャスターにつかまったってしまったのが、両手を叩いて大笑いしていた真麻。

「真麻ちゃん笑った、今? ねぇ、どういう意味で笑った? ちょっとお母さん、教えてほしいんだけど」

と詰め寄られると、真麻の表情は一瞬にして凍りつき、隣りで笑っていた柳原可奈子も“ヤバ〜イ”という表情。

もちろん、安藤キャスターは笑顔なんですが、後輩アナウンサーにとってはむしろ、そっちの方が何百倍も怖かったことでしょう。

しかしそんな空気もカッツミーはものともせず、「皮膚感覚がだんだん過敏じゃなくなってくるんですよね、年齢とともに。だから温度があんまり気にならないんですよ安藤さん。そういうことでしょ?」って。

うわぁー! 言っちゃった!

さすがに坂上忍も「結構、克実さん、行く時は行くんですね」とヒヤヒヤ。

安藤キャスターは「こんな隣りに立ってるのに、こんな形で足引っ張るなんて、信じられないなっていう感じがしてきました。どんなに近くにいても、心の中は分かりません」とため息まじりに嘆いては、「めちゃめちゃギスギスした番組になって参りました」と不穏な空気に……。

いや、繰り返しますが安藤キャスターは絶えず笑顔で、スタジオは一見すると和気藹々とした雰囲気なんですが、それだけに、ピリッと張りつめたものを感じずにはいられない一場面でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です