HADO 2018 CLIMAX SEASONの戦いがスタート!

【チャロスのイラストレビュー】僕にはももの気持ちがわかりません…『高嶺の花』展開がドロッドロ

石原さとみ、あなたの本心がわからない。

まず、ここまでの月島家はこんな感じ。

  • 直人と結婚するために「月島流」の家元を継がないと決意したもも
  • 家元をももにどうしても継がせたい父・市松
  • 華道家・宇都宮龍一と結ばれたいから家元になることを決めたももの異母妹・なな
  • 実の娘であるななを次の家元にしたいももの継母・ルリ子

ももに継ぐ気がないので、このままだとななが家元になるのかなと思うのが普通だ。しかし今回、死んだ実の母が、ももが家元になるのを望んでいたことを知り、ももは月島流の家元になることを決意。姉妹が対決することになった。

台風の最中、悶々として外に出た

うわぁ…これ関係もっと複雑になるじゃん。

さらに、ここでドロドロに拍車をかける出来事が起こる。これから次期家元をかけた争いがはじまるというのに、なんと元婚約者である吉池がももの前に現れて「僕を…愛してほしい」と抱いてしまう。しかも、もものほうもまんざらでもない感じ…。

え!? 直人は!?

次の日ももは直人に婚約指輪を渡されると、感極まって泣いてしまう。

…んんん? でも家元になるってことは直人との結婚は諦めたんじゃないの? だけど次回予告ではウェディングドレス着てるし…。

わからない。僕にはももの気持ちがわからない。心の底から直人が好きなのか。吉池との結婚が破談したことを忘れるための恋愛なのか。そして本当に家元になる気があるのか。

悶々とし過ぎて、台風にもかかわらず外に飛び出してしまった。彼女は周りの人物だけでなく、視聴者も振り回している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です