HADO 2018 CLIMAX SEASONの戦いがスタート!

【チャロスがドラマ全部見る】現代パートはオリジナル!『この世界の片隅に』の今後が気になる

イラスト by チャロス

楽しみにしていた三連休があっという間に終わってしまいましたが、夏ドラマはまだ始まったばかり。遊んでいてドラマ見るの見逃がしちゃったよって人は、このレビューを見てすぐに見逃し配信を確認すべし! 録画している人は優秀でございます。

【ドラマ全部見る】7月1週目後半、2週目ドラマレビュー

金曜日

180717 charos 4

  • 『チア☆ダン』 第1回 (TBS系・22:00~)

2017年に公開された映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』の9年後が舞台。福井県立福井商業高校のチアダンス部「JETS」に憧れを抱くも、受験に失敗して隣町の高校に進学した主人公・藤谷わかば(土屋太鳳)が、転校生・桐生汐里(石井杏奈)との出会いをきっかけにチアダンス部を設立し、「全米制覇!」という大きな夢に挑戦する物語です。

まず一言、これこそ夏に見たかったドラマ! 青春ど真ん中の高校生たちが、夢を見つけてそれに向かって力を合わせて一生懸命走り出す。まさに『WATER BOYS』や『ROOKIES』を思い出させるような“部活ドラマ”が見られるという気持ちでいっぱいになりました。

また、汐里という熱血キャラのおかげで主人公のわかばがそこまで熱すぎない性格というのもポイント。熱血キャラが何人もいると暑苦しさを感じて距離を置かれてしまいますからね。

ちなみに、僕自身も高校時代からダンスをやっていたので、チアダンスという題材にかなり親近感が湧きました。このドラマをきっかけに踊ることの楽しさが広まればいいなと願うばかりです。

土曜日

180717 charos 2

  • 『サバイバル・ウェディング』 第1回 (日本テレビ系・22:00~)

主人公・黒木さやか(波瑠)は、勤めていた出版社を寿退社したものの、なんと退社したその夜に恋人の浮気が発覚し、婚約破棄されてしまう。その後、さやかは恥をしのんで復職のお願いに行き、女性向けライフスタイル誌『riz』の編集部を紹介されますが、編集長の宇佐美(伊勢谷友介)に「半年以内に結婚すること」を再就職の条件として突きつけられることに…。

これまでの女性編集者ドラマは、仕事と恋愛を切り分けていることが多かったですが、この作品は「仕事が結婚すること」という斬新な設定。しかし、とにかく話のテンポが良いのでさやかと同じアラサー女子だけでなく、どの世代でも楽しめるドラマではないかと思います。“できる女”を演じるイメージが強い波瑠が、不器用で世渡りが下手な女性を演じるというのもポイント。

そして、なんといっても同ドラマではいろんなタイプのイケメンが出てきます。毎週土曜日は伊勢谷派と風間俊介派、そして吉沢亮派でネットが盛り上がることでしょう。最終的に誰とくっつくのかが楽しみです♪

日曜日①

180717 charos 5

  • 『この世界の片隅に』 第1回 (TBS系・21:00~)

累計発行部数120万部を突破した、こうの史代の同名マンガ(双葉社刊)が原作で、アニメ映画版では女優・のんが主演声優を務めたことで話題に。太平洋戦争の最中、広島県の江波から呉に嫁いだヒロイン・すず(松本穂香)が、嫁ぎ先の北條家で夫・周作(松坂桃李)らと共に暮らす日常を丹念に描いた作品です。

第1話を見て、時代背景といい人々の生活といい、かなり丁寧に作り込まれているなあという印象を受けました。すずの雰囲気も良かったですね! どこかボーッとしてておっちょこちょいな感じに愛着が湧いた人も多かったはず。そして、すずと周作が結婚初夜を迎えるシーン。これから自分はどんな人生を歩んでいくのか、不安と緊張、心細さが入り混じったすずの表情を見たら、こっちまで緊張してしまいました。

また、すず達が生きていた時代と、現代パートの2つが同時進行する形となっているのもポイント。これはすず達が生きた激動の時代を、現代の人たちにより身近に感じてもらうための工夫だと思います。榮倉奈々演じる佳代は何故すずのことを知っていたのか…。現代パートは原作にはないため、ドラマ版での新たな展開に期待が高まりますね。

日曜日②

180717 charos 3

  • 『ゼロ 一獲千金ゲーム』 第1回 (日本テレビ系・22:30~)

『カイジ』などでおなじみの福本伸行氏の人気コミック『賭博覇王伝 零』を実写化。建設中のアミューズメントパーク「ドリームキングダム」を舞台に、賞金1000億円を巡って挑戦者たちによる“命”をかけたサバイバルゲームが繰り広げられます。

第1話では、ランダムで振られたサイコロの目を当て、間違えれば巨大な鉄球が頭上に落下するゲームが行われましたが、放送が1時間半あったせいか、回想シーンを何度も用いて丁寧に攻略の様子が進められていた反面、もう少し展開を早くしても良かったかなという印象を受けました。あと、女性キャストが小池栄子だけなので、もう少し華が欲しい気もしました。小池栄子は奇麗だし演技も上手なんですけど…。

ただ、ゲームの内容と挑戦者同士の心理戦は面白かったので、第2話以降、1時間の放送で視聴者をゲームに引き込ませるためにどのような工夫がされているのかが楽しみです。ちなみに、Twitterでは『LIAR GAME』や『カイジ』に似ているというツイートが溢れていました。

月曜日

  • 『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』 第2回 (フジテレビ系・21:00~)

第2回では、料理人の藤井早紀(黒谷友香)が新たな危険人物と割り出され、捜査の対象に。早紀が危険人物と判断された理由は、植物由来の毒物を海外から仕入れていたからであった…。

第2回はなんといっても政治家の小松原が転落死を遂げるラストシーンが圧倒的に怖かったですね。実際、Twitterでも「今日の絶対零度めっちゃ怖かった」「最後びびった」「誰が突き落としたの?」といった声があがっていました。

また、小田切唯(本田翼)が、山内徹(横山裕)に後ろから抱きかかえられた際のフラッシュバックシーンも印象的。これにより、小田切が過去になんらかのトラウマを抱えており、警察署内で赤いクッションを背負っている理由と関係しているのかと考えさせられました。これから話が進んでいくとともにミハンチームの過去も明らかになっていきますが、次回予告の映像からして井沢範人(沢村一樹)の闇はかなり深そうですね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です