いとわズHADO部、HADO SUMMER CUPに向けて走り出す!

【チャロスがドラマ全部見る】今クールは豊作の予感!『グッド・ドクター』山崎賢人に泣いた

イラスト by チャロス

毎クールすべての連ドラを視聴。最終回まで見続けるドラマも平均7~8本。暇さえあればドラマ視聴率のグラフを見てニヤニヤしながら数字を暗記。そんな“ドラマ狂い”の僕が、新ドラマをレビューします!(ちょっぴりダメ出しもあります)

ということで、ついに“平成最後の夏ドラマ”が始まりました。恋愛モノから刑事モノ、ヒューマンドラマまでさまざまな種類の作品がラインナップされており、まさに夏の暑さに負けないくらいの激熱ぶり。

どのドラマを見ようか迷っている人は、このレビューを見て今期の推しドラマを決めてください!

【ドラマ全部見る】7月1週目前半ドラマレビュー

月曜日

180713 charos 2

  • 『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』 第1回 (フジテレビ系・21:00~)

絶対零度シリーズの最新作。シーズン1は時効直前の未解決事件、シーズン2は特殊犯罪、今回のシーズン3は”未然犯罪”という斬新な題材を取り上げています。主演が上戸彩から沢村一樹に変わっているなど、前作からかなりリニューアルされており、今作から見る人も楽しめる内容となっています。

ドラマのポイントは、なんといっても「ミハンシステム」の存在。“犯罪を犯す可能性が高い人物”をAIによって割り出すシステムのことで、主人公の井沢範人(沢村)ら捜査チーム「ミハン」は同システムを使ってこれから起こりうる犯罪を防いでいきます。

しかし、なんとこのシステム、完璧ではなく特定率はまさかの90%! もしかしたら「冤罪」を起こす可能性だってあるんです…。怖すぎ。

もうひとつのポイントは、なんといっても上戸演じる桜木泉。今作では捜査中に失踪したという設定であり、第1話の最後では”焼死体”で発見されたことが明らかに。桜木の生死は定かではありませんが、まさかの展開に驚いた人も多かったのでは?

なお、絶対零度=上戸彩というイメージがあるため、主人公の変更に関しては思い切ったことをしたなあという印象。続編にする必要があったのかという気にすらなります。果たして、「この作品は絶対零度だ」と思わせるような展開になっていくのでしょうか?

余談ですが絶対零度は0℃じゃなくて-273.15℃ですからね!

火曜日

180713 charos 3

  • 『義母と娘のブルース』 第1回 (TBS系・22:00~)

桜沢鈴原作による同名4コマ漫画の実写化。仕事一筋に生きてきたキャリアウーマン・岩木亜希子(綾瀬はるか)が、バツイチ子持ちのサラリーマン・宮本良一(竹野内豊)と結婚し、家事や育児に奮闘する姿を描いた作品。

見どころは亜希子のキャラクター。本人は真面目に良一の娘・みゆきと接しているものの、まるでアンドロイドのように無表情のまま淡々と話すのでみゆきもドン引きしてしまっています。

だけど彼女はとにかく一生懸命なんです! 不器用だけどそこには一点の迷いもなく、ただみゆきの母親になろうと頑張っている。そんな純粋無垢な姿に心打たれた人も多かったはず。この作品は、何かに頑張りたいけど一歩が踏み出せないという人に見てほしいです。

第1話はツカミが非常に素晴らしかったです。亜希子がみゆきに名刺を渡すという唐突な場面からはじまり、みゆきがすぐに「私、この人嫌い!」と発したことで亜希子の変人ぶりがすぐに伝わりました。まさに、亜希子の「最初の5分で心を掴めなければ、そのプレゼンは失敗です」という言葉を体現しています。

そして、最後に亜希子が見せた「腹踊り」。とにかく面白いのですが、同時に「頑張れ亜希子!」と応援したくなります。綾瀬、カラダ張ってんなあ。

水曜日

180713 charos 4

  • 『高嶺の花』 第1回 (日本テレビ系・22:00~)

華道の名家の令嬢であり、美貌だけでなく華道家としての才能も圧倒的な主人公・月島もも(石原さとみ)。これまで順風満帆な人生を送ってきましたが、結婚式当日に相手の男が別に付き合っていた彼女を妊娠させたと告白し破談に。自信を失った彼女ですが、平凡な自転車店店主・風間直人(峯田和伸)との出会いにより、格差を超えた恋愛に落ちていく…。

脚本は『101回目のプロポーズ』『家なき子』などの野島伸司が手掛けており、作品の雰囲気はどこか古くさくて湿っぽいです。ドラマ見て楽しい気分になりたい! という人にはちょっと向かないかも…。

ただ一つだけ言えることは、この湿っぽい雰囲気は石原さとみという女優を最大限に美しく見せているということ。着物姿やワンピース姿、スッピンで納豆を食べる姿、すべてが美しく見えるのは制作側の作戦勝ちといってもいいでしょう。第2話以降、ももが人間として成長することでどんな美しさを見せてくれるんだろうという期待感まで持たせてくれました。

ダメ出しとしては場面のつなぎが唐突でついていけないことも少々。直人がラブ・ミー・テンダーを歌う場面とか、ももが着物姿で登場するところとか、正直もうちょっとその場面に浸りたかったんだけどな…! っていう気持ちになってしまいました。

木曜日

180713 charos 5

  • 『グッド・ドクター』 第1回 (フジテレビ系・22:00~)

同ドラマは自閉症スペクトラムの一種で驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊(山崎賢人)が主人公。レジデントとして小児外科の世界に飛び込み、周囲の偏見や反発を受けながらも子どもたちの命を救うために奮闘する姿を描いた作品です。

率直に言って…大泣きしました! 子どもたちが病気と懸命に闘っている姿、正しいことをしているのに自閉症だからという理由で周りの医者に聞く耳を立ててもらえない湊の姿、そして「大人になれなかった」湊の兄の話。もはや泣ける要素しかなく、1時間テレビの前から動けなかった人も多かったのではないでしょうか?

特に自分が取り上げたいのが山崎の演技力。もはや天晴れの一言です。自閉症という難しい役でありながら、落ち着きがない様子や目の動きなど、新堂湊という人間をしっかり確立させており、一体どれほど演技の練習を重ねてきたんだろう…と感服するほど。半年前はホスト役だったのに!

今後、湊はどのように成長していくのか。周りの医者たちは湊を認めてくれるのか。明日にでも第2話を見たい気分です。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です