いとわズHADO部、HADO SUMMER CUPに向けて走り出す!

【チャロスのドラマレビュー】異例の次回予告なし…頼むから『ぎぼむす』が原作通りに進まないでほしい

頼むから良一に奇跡が起きてくれ…。

亜希子 (綾瀬はるか)の夫・良一(竹野内豊)は、前回の放送で「スキルス胃がん」に侵されていることが判明。これまではガンを隠して元気にふるまっていたのだが、娘・みゆきの自転車の練習中についに倒れてしまう。

そして、良一が放射線治療で入院する場面から始まった今回。懸命な治療の甲斐あって体調は回復に向かい、良一は退院することができた。そして最後、家族写真をとるために亜希子をお出かけに誘うのだが…。

次回予告が…あれ?

ラストシーンの演出で心が締め付けられてしまった。

家族写真用のドレスの試着に向かう亜希子を遠目で見つめる良一。ニコッと笑い、後ろ姿が映されると「ぼくの妻は…元キャリアウーマンでした」という竹野内の優しいナレーションが流れたのだ。

…待って……死んじゃうの?

原作だと、彼は家族写真の提案をした3日後に亡くなってしまう。もしドラマが原作通りに進むのなら、次回から良一の姿はない。

さらに追い打ちをかけたのが、「次回予告」が流れなかったこと。見逃したのかもと思い、録画を再生したのだが…確かにない。

…どういうこと…?

慌てて公式サイトに向かうと次回予告の動画が埋め込まれていたが、映像は「第2章スタート!!」「義母と娘 2人の物語」と始まり、みゆきは18歳になっていた。そして、肝心の良一は…一瞬だけ出てきたものの、おそらく回想シーンだ。

…受け入れられない!!!!!!!

いつも優しく、周囲を和ませていた良一。彼の笑顔に癒されていた人も多かったはず…。

別にすべて原作通りじゃなくて良いでしょ? 3人で幸せにいつまでも暮らす、それで良いじゃない。奇跡の物語なんだから…。

正直来週のぎぼむすを見るのが怖いです。ティッシュは必須!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です