HADO 2018 CLIMAX SEASONの戦いがスタート!

育児がストレス過ぎる!!本気で子どもに腹が立ったときの対処法 〜地獄の育児録〜

メッチャクチャ可愛いけど、それを簡単に上まわる育児のストレス。

一時期使用済みオムツを枕元に置いて寝ていたほどに溺愛パパの僕でも、正直イラッとするときはある。いや、もしかしたらほぼ毎日かもしれない。きっと、小さい子どもを育てている最中のかたは共感してくれることだろう。

そして、イラっとするたびに「子育て向いてないのかも……」と自己嫌悪に陥ってしまう。そんなママパパに、劇的にストレスを軽減させるテクニックを伝授したい。

子育てのストレスを軽減させるテクニック

  • STEP.1
    写真を撮る
    子どもにストレスを感じるのは、大体ワガママを言って泣き叫んでいるシーン。

    このとき、叱ったりお願いしたりするのをやめて、思い切ってドアップで写真を撮ってみて欲しい。1度画面を通すことで、客観的に見ることができるハズだ。これだけで少しはストレスが軽減される。

  • STEP.2
    待ち受け画像を変える
    小さい子どもを育てるパパママのスマホの待ち受けは、だいたいニッコリ笑顔の可愛い我が子。

    「子どもの笑顔を見れば大変な仕事も頑張れる!」
    「離れていても子どもの笑顔が見たい!」

    その気持ちは大変良くわかるが、これを思い切って先ほどの泣き叫ぶ子どもの画像に変えてみてほしい。

    意外かもしれないが、笑顔と同様にバッチリ癒やされることができるハズだ。子どもから離れているときならば、「あら〜泣いちゃって〜」と余裕を持って見ることができるからだと思う。

これでもうワガママを言われても大丈夫!

事前準備は上記の2つだけ。これを行えば、子どもが悪魔のような泣き顔でワガママを言ってきても、「泣き顔=癒やされるもの」と脳が記憶しているため、以前よりもストレスを感じづらくなるのだ。

と言っても、実際に試したのは僕と妻の2人だけ。すべてのママパパに当てはまるかどうかは正直わからない。だが、腹立って腹立ってどうしようもないという育児奮闘中のママパパは、ぜひ試してみて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です