いとわズHADO部、HADO SUMMER CUPに向けて走り出す!

YouTube視聴を小窓で。自由に移動・大きさ調整できるChrome拡張機能が控え目にいって最高!

控え目にいって最高です。

YouTube上の動画は、YouTubeで視聴できるほかにブログやニュースサイトなど、さまざまなウェブサイト上に埋め込まれていたりします。

純粋に動画が見たいだけならその間ずっと手を止めていても問題ありませんが、“ながら見したい”っていうニーズも少なくないと思います。むしろそっちのほうが多かったりして。

仕事中にこっそりYouTube見たいなんて人の希望を叶えるChrome拡張機能を、今回はこっそりお伝えしましょう。

小窓で見るYouTubeは最高の“ながら見体験”だ

パソコンでなにかしらの作業をやっていると、動画を見るのも仕事のうちだったりするのはこういった職業柄のせいでしょうか。しかし、動画ばかりを垂れ流していると、「遊んでいるんじゃないか」と勘違いされることが多々あります(本当は集中力がないだけだったりするんですけどね)。

調べ物をしなきゃいけない、けど動画も見てなきゃいけないなんてときこそ今回紹介するChrome拡張機能は真価を発揮するのです。

この拡張機能を知らないでいると、タブブラウザなはずなのにブラウザウィンドウを複数開かなくちゃいけなかったり、別途動画視聴用ソフトを立ち上げて視聴しなければいけなかったりと、なにかと面倒です。

それならYouTube動画を小窓で表示させてあげれば良いだけの話なのです。Chrome拡張機能「Sideplayer」で。

大きさ・位置の調整が可能な最前面表示

さて、この「Sideplayer」の一体なにが優れているのか。それは“ながら見”であるがゆえに控え目な機能でなければならないはずなのに、そこそこの自由度の高さを兼ね備えているという事実でありましょう。

180305 kuga 5

Sideplayerを利用するとYouTube動画は上画のように、小窓で表示されるようになります。常に最前面で表示されるようになるため、Chrome自体を×で閉じるか、視聴中の動画を×で終了させないかぎり表示し続けてくれます。

これなら動画を再生し続けながら調べ物を続けることができますね!

180305 kuga 7

また、Sideplayerはウィンドウ幅を自由に調整することができるので、小窓が小さくて動画見えないよなんてことにもなりません。ほどよいサイズ感を楽しみましょう。

180305 kuga 8

場合によっては表示位置近辺のリンクをクリックしたいなんてこともあるでしょう。重要な要素が右上にあることだってあるでしょう。Sideplayerはウィンドウ幅の調整はもちろん、表示位置を自由に移動させることができるのです。

これなら動画窓が邪魔で文字が見えないなんてことも起こりません。

180305 kuga 3

さて、そんな便利なSideplayerですが、機能の起動も簡単です。拡張機能をChromeにインストールしたら、YouTubeであれウェブサイトの埋め込み動画であれ、上画のようなボタンが追加されます。このボタンをクリックするだけでOKです。たったこれだけで快適な“ながら見”空間が保てるんですから、機能を追加しない理由は見当たりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です