HADO 2018 CLIMAX SEASONの戦いがスタート!

【賞金総額1000万円】HADO BEAST COLOSSEUMっていう番組やるってよ!

大会より賞金総額がすげーな!

WORLD CUPが12月8日に開催予定のHADOですが、それとは別に19年1月に視聴者をチャレンジャーとした視聴者参加型番組「HADO BEAST COLOSSEUM」をスタートするという発表がありました。

賞金総額1000万円ってすげぇなおい

さて、今回スタートするという「HADO BEAST COLOSSEUM」ですが、番組側が用意した7人の刺客を見事倒すことができれば、賞金1000万円を獲得できるというもの。


7人のHADO強豪プレイヤー「ビースト」と一般参加者「チャレンジャー」とでバトルする番組で、そのルールとして現在わかっている情報は、チャレンジャー側が戦うビーストを指名していくスタイルのようです。

181109 hado 2

ビーストにはそれぞれ懸賞金がかけられているということは、ビーストによってもかかっている額が違うんでしょうかね。

現在のところ、7人の刺客中5人が公開されているようですが、うん。強そう。

番組特別ルールで挑戦

通常HADOは80秒の間でフィールドを駆け巡り、相手よりスコアが高ければ勝利というルールですが、今回の番組では番組特別ルールで行われるようです。

  1. エナジーボールを放ち、相手に当てることでポイントを獲得
  2. 1ポイントごとにインターバルがあり、ポイントの少ないチームがエナジーボールを放ってゲーム再開
  3. 7ポイント先取したチームの勝利
  4. 両チームがマッチポイントの場合はデュースとなり、2ポイント連取したチームの勝利

なるほど、たしかに通常のルールとは異なっていますね。ということは、ワンチャンあるで!

現在チャレンジャーを募集中!

現在、番組に参加してくれるチャレンジャーを大募集しているようです。ちなみに参加条件は以下の通りとなっています。

  • 11月30日、12月1日、12月2日に開催のオーディションのいずれかに参加できること
  • 2019年1月12日に撮影予定の本番に参加できること
  • 15歳以上であること(18歳未満の方は保護者の同意が必要です)
  • YouTubeなどのメディアにご自身の全身が掲載されても良いこと

ちなみに、メインのHADOは3対3のチーム戦ですが、1人でも応募が可能です。その場合は、オーディション通過後に他参加者とチームを組むようです。

また、番組用HADOの練習環境はHADOの運営元であるmeleapより無償で提供されるとのこと。参加は下記URLより行うことができます。

わ、私も挑戦しよっかな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です