いとわズHADO部、HADO SUMMER CUPに向けて走り出す!

【ロシアW杯全部見る】準々決勝展望、ウィークエンドプレビュー#4

なんだかサッカーの話をするような雰囲気ではない感じの日本列島ですが、サッカーの話をします。

先週の記事で「優勝はブラジル、準優勝はイングランド、3位はフランスで4位がクロアチア」と予想していましたが、見事に全チーム勝ち残りましたね。ちょっとサッカーを見ていれば誰でも当てられるような結果かもしれませんが、僕は自分に甘いので自分を褒めたいと思います。すごいぞ、僕。

楽しかったロシアW杯も残り8試合

あとたった8試合ですよ。信じられますか? W杯が終わったら僕はどうすればいいんでしょうか。なにを楽しみに日々の生活を送り、なにをネタに記事を書けばいいんでしょうか。本当になにも思いつかない、なにも……。

「あまちゃんロス」やら「けもフレ難民」やらをずっとバカにしてきた僕ですが、ようやくその感覚がわかってきました。

7月6日(金)

  • ウルグアイ VS フランス キックオフ 23:00(TBS)

アトレティコ・マドリードのCBコンビを軸としたウルグアイの強固な守備陣を、ボールを保持して戦うフランスは打開できるか。そしてウルグアイはカウンター~フィニッシュの局面で傑出した個のクオリティーを発揮できるか。そんな展開になると予想します。

フランスにとって、アルゼンチン戦ほどオープンなゲームにならないことは織り込み済みのはず。キリアン・ムバッペの快足を活かす機会は少なくなるでしょうから、なにか別のソリューションが必要になります。アントワーヌ・グリーズマンの豊富なアイデアとオリヴィエ・ジルーのポストプレーをベースとした攻撃に、途中から出てきたウスマン・デンベレやナビル・フェキルがアレンジを加える……。スコアが拮抗したまま試合が進んでいけば、控え選手も含めた総力戦を見ることができるかもしれませんね。

エディンソン・カバーニが負傷で欠場することが濃厚なウルグアイは、代役としての起用が予想されるクリスティアン・ストゥアーニに注目です。所属クラブのジローナでは21ゴールと絶好調。同じラ・リーガで19ゴールのグリーズマンを上回っています。代表ではここ数年ほとんど得点できていませんが、この大舞台でチームを救うことができるでしょうか。

  • ブラジル VS ベルギー キックオフ 27:00(TBS)

メキシコ戦でのブラジルの試合運びは退屈なほど完璧で、ほとんどスキがありませんでした。対して、ベルギーはご存知の通り日本を相手に薄氷の勝利。タレント力では拮抗している両チームですが、チーム力においては小さくないギャップがあると感じています。

チュニジア戦や日本戦を見る限り、ベルギーの3バックは瞬間的な速さへの対応やボランチとの距離感に問題を抱えているようで、ネイマールやウィリアン、コウチーニョにとっては絶好の狙いどころになりそうです。ベルギーにチャンスがあるとすれば、とにかく失点覚悟で打ち合いに持ち込むことでしょう。ロメル・ルカクは試合前に「ブラジルには弱点がない。先制して守っても追いつかれるかもしれない。だから攻撃的に行く」と語っていましたが、本当にそれしかないと思います。

ブラジルはマルセロの復帰が大きいですね。不安要素があるとすれば、絶対的なアンカーとしてバランスを保ち続けてきたカゼミーロの出場停止。代役はマンチェスター・シティのフェルナンジーニョなので問題はないかと思いますが、やはり守備面では少し違いが出てくるかもしれません。

7月7日(土)

  • スウェーデン VS イングランド キックオフ 23:00(NHK)

スウェーデンが守ってイングランドが攻める。イングランドが2点以上リードすることがない限り、この構図が90分(もしくは120分)続くのではないでしょうか。両チームがこれまでと同じようなシステムで戦うなら、準々決勝の4試合の中でもっともスペクタクルを欠いた試合になりそうな組み合わせです。塩試合、僕は好きですけどね。

正直、ここまでの4試合でイングランドの攻撃が機能している印象はありません。得点パターンは基本的にセットプレー、もしくは放り込んでハリー・ケイン頼みという形ばかりで、デレ・アリやラヒム・スターリングがハイレベルで連動した崩しはほとんどなかったのではないでしょうか。それでも手堅く勝ち上がってきてはいるので、ケイスケホンダばりの伸びしろに期待して準優勝と予想しています。なんせ若いチームですから。

僕は最近のトッテナムがわりと好きなので、イングランドの微妙な攻撃を見ていると「エリクセンとソン・フンミンがいれば……」と思わずにはいられません。『実況パワフルプロ野球’99』の「冥球島」のように、敗退したチームから勝者が選手を集めることができる大会があったら、ちょっと面白いと思いませんか? 仕事中もそんな妄想ばかりしています。

  • ロシア VS クロアチア キックオフ 27:00(NHK)

スペインを破ったロシアの勢いは確かに脅威ですが、「今のクロアチアはスペインよりも強い」と考えているのは僕だけではないはず。デンマーク戦ではルカ・モドリッチのパフォーマンスに引きずられてチーム全体がやや低調な出来でしたが、ここはカチッと合わせてくることを願いたいところです。

ロシアは今大会で自国リーグのレベルの高さを証明しましたね。特にスペイン戦で120分間走りまくり、1試合の走行距離で脅威の16kmを記録したアレクサンドル・ゴロビンは大きな発見でした。ユベントスやマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーが獲得を狙っているそうですが、彼がいくらで売れるのか(あるいは売らないのか)、吝嗇なことで有名なCSKAモスクワの腕の見せどころでしょう。

ウルグアイとベルギーには申し訳ないですが、とにかくブラジル対フランスの準決勝が見たい。僕の願いはそれだけです。その準決勝が歴史的な名勝負になって、試合後にムバッペとネイマールが抱擁を交わしたら成仏します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です